厚生労働省 大分労働局
 
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

脳・心臓疾患の認定基準
最近、生活習慣病とされる「がん」、心筋梗塞などの「心疾患」、脳梗塞などの「脳血管疾患」による死亡が増加しています。このうち、脳や心臓の疾患を原因とするものは、国民の死亡者の3割を占めるに至っています。
これらの脳・心臓疾患は、その発症の基礎となる血管病変等が、主に加齢、食生活、生活環境などの日常生活による諸要因や遺伝等による要因により徐々に増悪して発症するものですが、仕事が主な原因で発症する場合もあります。これらは「過労死」とも呼ばれます。
厚生労働省は、これまで脳・心臓疾患の労災認定に当たって、主として発症前1週間程度の期間における業務量、業務内容等を中心に業務の過重性を評価してき ましたが、平成13年12月、長期間にわたる疲労の蓄積についても業務による明らかな過重負荷として考慮することとし、「脳血管疾患及び虚血性心疾患等 (負傷に起因するものを除く。)の認定基準」(以下「脳・心臓疾患の認定基準」といいます。)を改正しました。
脳・心臓疾患の認定基準とは?
(1)「認定基準」 → 
業務上の疾病と労災認定できる要件を示したもの

(2)「脳・心臓疾患の認定基準」 → 
脳・心臓疾患を労災認定する上での基本的考え方、対象疾病、認定要件を示したもの

基本的考え方
  脳・心臓疾患は、その発症の基礎となる動脈硬化、動脈瘤などの血管病変等が、主に加齢、食生活、生活環境等の日常生活による諸要因や遺伝等による要因により形成され、それが徐々に進行及び増悪して、あるとき突然に発症するものです。
しかし、仕事が特に過重であったために血管病変等が著しく増悪し、その結果、脳・心臓疾患が発症することがあります。
このような場合には、仕事がその発症に当たって、相対的に有力な原因になったものとして、労災補償の対象となります。
対象疾病

脳血管疾患
●脳内出血(脳出血)
●くも膜下出血
●脳梗塞
●高血圧性脳症




虚血性心疾患等
●心筋梗塞
●狭心症
●心停止
(心臓性突然死を含む。)
●解離性大動脈瘤
業務による明らかな過重負荷
「業務による明らかな過重負荷」とは?
(1)「業務による明らかな」 → 
発症の有力な原因が仕事によるものであることがはっきりしていることをいいます。

(2)「過重負荷」 → 
医学経験則に照らして、脳・心臓疾患の発症の基礎となる血管病変等をその自然経過を超えて著しく増悪させ得ることが客観的に認められる負荷をいいます 。

発症の基礎となる血管病変等
発症の原因
脳・心臓疾患の業務起因性の判断のフローチャート 脳・心臓疾患の業務起因性の判断のフローチャート
お問い合わせ先 大分労働局 労働基準部 労災補償課
TEL 097-536-3214
このページのトップに戻る

   厚労省人事労務マガジン 雇用に関する主な助成金のご案内 20151211_job-kun.png  無期転換ルール

 働き方改革  石綿関連のお知らせ   パワハラバナーimage.gif 

大分労働局 〒870-0037 大分市東春日町17番20号大分第2ソフィアプラザビル

Copyright(c)2000-2011 Oita Labor Bureau.All rights reserved.